NIRAIBLOG

建築現場監督のブログ

建築の事やプライベート等自由な日記

免震建物点検技術者講習・試験② 申込み完了と免震部建築施工管理技術者の講習・試験

無事、申込み完了。 今年の目標の一つである免震建物点検技術者講習・試験の申込みが完了しました。実施日は、来年1月20日(土)になります。 関連して労働安全コンサルタント試験の二次試験も同月の30日から翌2月1日にあります。もし、一次試験合格…

今話題の神戸製鋼不正事件の件 記事No.155

進行中の現場にも・・・ありました。 連日話題になっている神戸製鋼の件ですが、私の現場も一部の部材に使用されていました。(不正の有無はまだ判明していません) 事の発端は? 平成29年10月8日に神戸製鋼がお客様との間で取り交わした製品仕様に適合して…

自己治癒コンクリート 気になるニュース H29.6~10

5ヶ月位前に話題になりましたね。 オランダ発の技術が気になる今日この頃。メカニズムは、コンクリートに微生物を混合しひび割れ発生時にバクテリアにより自己治癒が行われる。トンデモ科学なコンクリートです。 関連記事 似たようなものでEM菌(有用微生物…

免震建物点検技術者講習・試験①

いよいよ申込み開始! 今年の目標の一つです。「免震建物点検技術者」 免震建物点検技術者とは、免震建物の維持管理業務に関して、免震建物に要求される免震性能と性能品質を確保するため免震層及び免震層廻りの点検をする技術者です。免震建物は、日本全国…

免震部建築施工管理技術者④ 試験に向け前乗りです!

明日は、渋谷で免震建築施工管理技術者試験です。 今回は、周辺にホテルを取ることにしました。渋谷は、相変わらず人が多いですね。 試験前ですか、知り合いの設計の方に会いに行きました。この方は、海外のライセンスも持っていて最近、手掛けた建物がTV番…

免震部建築施工管理技術者③ いよいよです

今週日曜日に迫った。 今年の目標である免震部建築施工管理技術者試験が迫ってきました。現場の状況は、バタバタしていますが上手く仕事を段取り出来たので問題無く受験出来そうです。 参考に試験の日程は、下記になります。 講 習 11:00~15:50 ・注意事…

現場における労働時間管理と過重労働 記事No.150

適正ですか? 36条協定書(労働時間管理と過重労働) 最近、会社もうるさくなってきました。労基署から何かあったのかな??なので前回現場着手時にて提出した36条協定書関連について 是非とも知っておきたいです。ちなみに、そこそこ大きい会社では労働組合…

一幻のえびそば

エビの出したっぷり。 匂いも濃厚です。えび好きにはオススメ!! 久しぶりに食べログです。 先週は、久しぶりの日曜日休みです。妻と食事に行きました。実は、ランチ目当てで行った店がまさかの「臨時休業」おぉ。 それで、近くの焼肉屋のランチタイムでカ…

台風の嫌な思い出

自然の力は、凄い ようやく台風が過ぎ去りましたね。毎回、台風が来ると嫌な思い出が頭をよぎります。その中で特に嫌な思い出施工管理編ベスト3をランキング形式で発表したいと思う。 まずは、第3位です。 これは、現場あるあるなのですが私が現場監督3年…

海外の建設現場レポート

国によって現場は、様々 こちらは、マレーシアで撮影したものですが、1階躯体を施工中の模様です。鉄筋等も現場加工でやっています。空気感がのほほーんとしていて個人的に好きでした。 こちらは、都心部の写真になります。経済発展目まぐるしいですね。大…

産業廃棄物の実務⑤ 廃棄物の処理や処分の流れ

廃棄物の処理や処分の流れ 廃棄物の処理には、中間処理と最終処分があります。また、廃棄物処分の方法は焼却や埋立等があります。 先ずは、廃棄物処理の流れです。 排出事業者 ⇒ 収集運搬 ⇒ 中間処理 ⇒ 収集運搬 ⇒ 最終処分(ラスボス) ここで、注意ですが…

内部仕上げ足場計画図成 記事No.145

職人任せにしていませんか? 世間は、3連休のようです。もちろん私は、休み無しで「皆勤賞」! 今日は、内業メイン(書類、図面作成)です。現場が比較的静かなので施工図を作成しています。 前回、建築工事計画届(機械等設置届)を提出してしばらく経ちま…

自家用ダンプ (通称:白ダンプ)の件

最近は、あまり見なくなりましたね。白ダンプ= 新入社員最近「こういった点が管理のポイントだと」教えました。土工事の注意事項です。建設技術者であれば、あたりまえの知識ですが。 気付かず工事写真を撮ってしまうといけないですからね。新入社員にとっ…

建設業の人材確保・育成に向けた概算要求事項 平成30年度

国が建設業の人材確保・育成の為の計画を発表! 建設業の技能労働者の約3分の1は55歳以上となっており、他産業と比べて高齢化が進行しています。このような中で建設業が持続的な成長を果たしていくためには、 若者や女性の建設業への入職や定着の促進などに…

免震部建築施工管理技術者試験② 受講用テキストが届く

家に届いていました。 来月に、免震部建築施工管理技術者の講習と試験があります。 この資格の有資格者がまわりにあまりいないので情報が少ない試験です。落とす試験なのか?受からせる試験なのか??非常にモヤモヤする感じです。 約1ヶ月前の今の時期にテ…

原発工事 関与の社員死亡

本日のニュースですが、衝撃を受けました。 以下時事通信社引用 東京電力福島第1原発事故後の工事をめぐり清水建設の社員が工事費を架空請求した疑惑で、清水建設は9日までに、作業所長を務めていた男性社員が下請け業者と共謀して不正取引を行っていたと…

建築士定期講習 受講申込み 記事No.140

本日、建築士定期講習の申込みを行いました。 ついでにCPDも付くので一石二鳥です。 来年、監理技術者の講習を含めるとCPDの目標達成かな。 ちなみにこの定期講習は、建築士法の規定により建築士事務所に所属する建築士が対象となっており、登録講習期間が行…

免震部建築施工管理技術者① 講習及び試験の準備

約1ヶ月後に迫りました・・・。早っ 免震部建築に関わる国内唯一の資格です。全国では約4、200名程の資格者がいるそうです。免震部建築施工管理技術者の役割は、名前のとおり免震工事に関わる施工計画書の立案、免震部材等の品質管理及び免震部工事の施…

現場監督の休日日数はどれくらい

年間の休日日数はどれくらいだ? 年が変わり気づけば、もう9月です。最近、会社の方も勤務時間管理、メンタルヘルス、産業医の診断やらと労働環境も変わろうとしています。ふと、今年1月から8月まで何日休日があったのか調べてみました。(先に申しておく…

建設現場の週休2日の件

最近、ニュースになりましたね。 問題は、工期ですね。工期厳守の建設現場においては発注者の理解が必要! 特に民間工事(パチンコ店・商業施設)等は、激務です・・・。また、公共工事においても予算消化の件や繰り越し工事が出来ない等の理由で工期が厳し…

地業工事と捨コンクリート

新入社員が現場に配属されて 色々と疑問があるそうで、特に現場特有の用語とか良く聞かれます。 最近は、「地業工事はとはなんですか?」などですね。不意に聞かれると分かっているつもりでも答えるのが難しいですよね。 私は、こう答えました。 「地業工事…

労働安全コンサルタント試験に向けて問題集購入 記事No.135

情報が少ない試験です。 10月は、試験が多いです。試験スケジュールは下記になります。 10/1(日):1級土木施工管理技士(二次) 10/8(日):免震部建築施工管理技術者 10/17(火):労働安全コンサルタント(一次) 1週ごとに連続試験です!なので、勉強の…

香港の選挙制度の民主化を求めた2014年の大規模デモ

あれから約3年。雨傘革命 最近の気になるニュースです。下記8月17日 AFPニュース 香港の選挙制度の民主化を求めた2014年の大規模デモ「雨傘運動」で中心的役割を担った3人の活動家が、非合法集会に参加した罪などに問われていた控訴審で、香港の裁判所は17…

打継用の止め枠はどうすべきか?

数量が大きい現場あるある 施工上どうしても数量が大きい場合、打継を設けますが梁幅やせいが大きいと止め枠が非常に困ります。前回は、エアフェンスなるものを使用しましたが過密鉄筋だとどうしても隙間が出来てコンクリートが漏れます。型枠解体して斫り作…

労働基準監督署抜き打ち現場パトロール

去った全国安全週間での出来事 現場事務所に労働基準監督署からTELがありました。おそらく、特定元方事業開始届を見て連絡していると思われる。電話の内容は、今から現場にパトロール行きますとの事。そして、1時間以内くらいで現場事務所にやってきました…

竣工した現場のその後 エフロレッセンス発生

久しぶりに現場確認 竣工して2年以上経過している現場を最近確認しました。すると、湿式工法で施工した浴室にヤツが発生していました。その名は、エフロレッセンス(白華現象)今回の浴室は、タイルでは無く石張りとなっており目地が突きつけによる施工だっ…

コンクリート造の工作物の解体等作業主任者講習 記事No.130

今後需要があると思い受講を決意!! 前回、解体工事を担当しましたがその際に「解体等はどういった手順がありどういった工法があるのか?」気になり講習を受講してきました。 感想は、結構為になりましたね。 そもそも、コンクリート工作物の解体等作業主任…

コンクリートの高強度化

今後ますます高強度化か? 最近、思う事がコンクリートの強度が年々上がっていっていますね。入社時には暑中補正も+3位だったのですが・・・・ おかげで、夏場の解体はサウナ状態です。特にピット内、確実に熱中症になります。今後、コンクリート技術者は温…

平成29年一級建築士学科試験

一つの「くぎり」がつきましたね。 本日受験した方、お疲れ様です。 結果はどうあれ一つの「くぎり」がついたと思うのでゆっくり休んで下さい。 結果を確認したい方は、下記のブログにまとめていますのでよければ参考にして下さい。でも、もうあの試験は受け…

特殊高所技術

最近話題になっています。 国土交通省にも認められた技術! 聞きなれない言葉ですがこの技術は、足場を用いることなく橋梁や構造物にロープでぶら下り、上下左右に移動し、クラック調査、写真撮影、耐久性等に関する調査、点検、施工を可能にする技術です。 …