NIRAIBLOG

建築現場監督のブログ

建築やプライベート等比較的自由な雑日記(建築系ブログ)

平成29年一級建築士 設計製図試験の合格基準について

来週は、いよいよ合格発表 1年は、早いものです。そして、今年も残りわずか。建築系の会社では、社内が騒がしくなってきます。何故なら「一級建築士」の合格発表があるからです。特に受験生は、その日仕事が手につかないと思います。 先ずは、平成29年度試…

無収縮モルタル(グラウト)の規格 記事No.170

図面で強度指定がない場合はどうする? 鉄骨造の建物で良く使用する無収縮グラウトですが、規格値があるのか調べてみました。調べようと思った理由は、資材承諾書(承認願い)を作成している時に「カタログに記載の規格は何のものなのか?」と気になったから…

ボディケアしてますか?

体大事にしていますか? 先週は、フル出勤でした。仕事もかなりバタバタしているので、家に帰るとすぐ寝てしまします。そこで「ふと足裏マッサージ機でも買うか・・・」と思い立ち、早速買いに行きました。 理由は、イチローが毎日使用している姿をテレビで…

産業廃棄物の実務⑥ 排出事業者の責任

最悪の場合、自主撤去 廃棄物処理法では、廃棄物を排出する事業者には事業活動に伴って生じた廃棄物を自らの責任において適正処理しなければなりません。また、廃棄物の処理を他人に委託する事も可能ですが、その場合には処理業者と契約(書面契約)を締結す…

旧門司三井倶楽部

あの、アインシュタインが宿泊した建物 福岡県北九州市にある三井倶楽部に行った時の記録です。竣工年は、1921年(大正10年)で歴史ある木造建築物です。気になる設計者は、松田平田設計の松田昌平と言う方です。ちなみに、調べてみるまでは分からなかったで…

災害用マンホールトイレ

災害に強いトイレ 自然災害の多い日本だからこその発想です。阪神・淡路大震災以降に整備が進められてきた。国交省も普及に前向きです。 説明すると、公共下水道管路にマンホールを設け災害時にマンホールの上にトイレを設ける仕組みです。何種類かあるので…

打放しの種別と型枠用合板(せき板)の品質について 記事No.165

設計図面では、結構あいまい!なので見積り時から問題発生 さて、最近現場において問題となっているのが打ち放し仕上げの仕上がり程度です。何故かと言うと設計図書等で明確に記載されていないです。外部塗装前の左官工による下地調整含めて。(仕様書には無…

第45回 労働安全コンサルタント筆記試験(H29)①

試験内容は、結構マニアック! 先月、10月17日に労働安全コンサルタント筆記試験を受けてきました。 「今回初チャレンジ」です。元々、受ける予定は無かったのですが・・・ 受験の動機は、社内において安全衛生委員会の委員等を経験した事により安全のプロフ…

平成29年9~10月出勤簿

今年も残り1ヶ月と少し。休んでいますか? 備忘の為、出勤日数を記録していく事にしました。私の会社における9月の休日日数は、12日。10月における休日日数は、10日。この2月間トータルで、24日休める計算となります。 では、実際の休日日数は下記になりま…

コンクリート打設後の夜は長い(墨出し作業)

雨に濡れた皮手袋は、翌日くさい・・・ 個人的にこれは、現場のあるあるです。 最近、天候が悪いですね。特に嫌なのがコンクリート打設が雨(悪天候)でズレると人手不足の影響で次の日程が1週間以上ズレる事も多々あります。 さらに、コンクリート打設日の…

インドで我が国の免震・制震技術に関するワークショップ開催

地震で死者2万人に及ぶ被害 国土交通省では、平成27年より我が国の建築分野の技術・基準の海外展開を支援する「新興国に対する我が国建築基準の普及促進事業を実施している。目的は、免震・制震技術の普及を図るためです。 参加者は、現地の政府関係者・学…

免震部建築施工管理技術者の講習・試験⑥ 登録申請 記事No.160

登録は、合格から「1年以内」お早めに 先日合格発表があり無事合格していたので、仕事の合間を見て登録申請しました。 手続きは、簡単です。合格通知に添付されている振込み用紙で登録料を支払い受験票を登録申請書に貼りつけ郵送するだけ。 一点、失敗した…

工事現場における電気工事業者の標識について

パトロール時に発覚。 建設現場は、多種多様な工種の業者が工事を行うので幅広い知識が必要だなと痛感。実務10年以上ですが、初めて言われました。 現場の仮設電気設備について、第三者現場パトロール時に指摘されました。 内容は、仮設電気を施工した業者…

免震部建築施工管理技術者の講習・試験⑤ 講習及び試験無事完了しました!

思ったより難しい内容ではなかったです。必要なものは「基本的知識!」 少し日が経ちましたが、10月9日に受験した免震部建築施工管理技術者の報告です。合不結果は、来月中旬との事です。手応えはあったので、解答欄がズレてさえなければ「合格」でしょう…

第48回衆議院議員総選挙と台風21号

台風21号も接近。(18歳選挙権導入後最初の衆議院議員総選挙) 台風の影響で、現場は休工。試験も無事終わったので、久しぶりにのんびり出来た休みでした。 いつもより少し遅く起きて12時頃に選挙に行きました。 混み具合は、余り人がいない印象でした。…

免震建物点検技術者講習・試験② 申込み完了

無事、申込み完了。 今年の目標の一つである免震建物点検技術者講習・試験の申込みが完了しました。実施日は、来年1月20日(土)になります。 関連して労働安全コンサルタント試験の二次試験も同月の30日から翌2月1日にあります。もし、一次試験合格…

今話題の神戸製鋼不正事件の件 記事No.155

進行中の現場にも・・・ありました。 連日話題になっている神戸製鋼の件ですが、私の現場も一部の部材に使用されていました。(不正の有無はまだ判明していません) 事の発端は? 平成29年10月8日に神戸製鋼がお客様との間で取り交わした製品仕様に適合して…

自己治癒コンクリート 気になるニュース H29.6~10

5ヶ月位前に話題になりましたね。 オランダ発の技術が気になる今日この頃。メカニズムは、コンクリートに微生物を混合しひび割れ発生時にバクテリアにより自己治癒が行われる。トンデモ科学なコンクリートです。 関連記事 似たようなものでEM菌(有用微生物…

免震建物点検技術者講習・試験①

いよいよ申込み開始! 今年の目標の一つです。「免震建物点検技術者」 免震建物点検技術者とは、免震建物の維持管理業務に関して、免震建物に要求される免震性能と性能品質を確保するため免震層及び免震層廻りの点検をする技術者です。免震建物は、日本全国…

免震部建築施工管理技術者④ 試験に向け前乗りです!

明日は、渋谷で免震建築施工管理技術者試験です。 今回は、周辺にホテルを取ることにしました。渋谷は、相変わらず人が多いですね。 試験前ですか、知り合いの設計の方に会いに行きました。この方は、海外のライセンスも持っていて最近、手掛けた建物がTV番…

免震部建築施工管理技術者③ いよいよです

今週日曜日に迫った。 今年の目標である免震部建築施工管理技術者試験が迫ってきました。現場の状況は、バタバタしていますが上手く仕事を段取り出来たので問題無く受験出来そうです。 参考に試験の日程は、下記になります。 講 習 11:00~15:50 ・注意事…

現場における労働時間管理と過重労働 記事No.150

適正ですか? 36条協定書(労働時間管理と過重労働) 最近、会社もうるさくなってきました。労基署から何かあったのかな??なので前回現場着手時にて提出した36条協定書関連について 是非とも知っておきたいです。ちなみに、そこそこ大きい会社では労働組合…

一幻のえびそば

エビの出したっぷり。 匂いも濃厚です。えび好きにはオススメ!! 久しぶりに食べログです。 先週は、久しぶりの日曜日休みです。妻と食事に行きました。実は、ランチ目当てで行った店がまさかの「臨時休業」おぉ。 それで、近くの焼肉屋のランチタイムでカ…

台風の嫌な思い出

自然の力は、凄い ようやく台風が過ぎ去りましたね。毎回、台風が来ると嫌な思い出が頭をよぎります。その中で特に嫌な思い出施工管理編ベスト3をランキング形式で発表したいと思う。 まずは、第3位です。 これは、現場あるあるなのですが私が現場監督3年…

海外の建設現場レポート

国によって現場は、様々 こちらは、マレーシアで撮影したものですが、1階躯体を施工中の模様です。鉄筋等も現場加工でやっています。空気感がのほほーんとしていて個人的に好きでした。 こちらは、都心部の写真になります。経済発展目まぐるしいですね。大…

産業廃棄物の実務⑤ 廃棄物の処理や処分の流れ

廃棄物の処理や処分の流れ 廃棄物の処理には、中間処理と最終処分があります。また、廃棄物処分の方法は焼却や埋立等があります。 先ずは、廃棄物処理の流れです。 排出事業者 ⇒ 収集運搬 ⇒ 中間処理 ⇒ 収集運搬 ⇒ 最終処分(ラスボス) ここで、注意ですが…

内部仕上げ足場計画図 作成 記事No.145

職人任せにしていませんか? 世間は、3連休のようです。もちろん私は、休み無しで「皆勤賞」! 今日は、内業メイン(書類、図面作成)です。現場が比較的静かなので施工図を作成しています。 前回、建築工事計画届(機械等設置届)を提出してしばらく経ちま…

自家用ダンプ (通称:白ダンプ)の件

最近は、あまり見なくなりましたね。白ダンプ= 新入社員最近「こういった点が管理のポイントだと」教えました。土工事の注意事項です。建設技術者であれば、あたりまえの知識ですが。 気付かず工事写真を撮ってしまうといけないですからね。新入社員にとっ…

建設業の人材確保・育成に向けた概算要求事項 平成30年度

国が建設業の人材確保・育成の為の計画を発表! 建設業の技能労働者の約3分の1は55歳以上となっており、他産業と比べて高齢化が進行しています。このような中で建設業が持続的な成長を果たしていくためには、 若者や女性の建設業への入職や定着の促進などに…

免震部建築施工管理技術者試験② 受講用テキストが届く

家に届いていました。 来月に、免震部建築施工管理技術者の講習と試験があります。 この資格の有資格者がまわりにあまりいないので情報が少ない試験です。落とす試験なのか?受からせる試験なのか??非常にモヤモヤする感じです。 約1ヶ月前の今の時期にテ…