NIRAIBLOG

建築現場監督のブログ Construction site director's blog

建設に携わる人のための建築業界・知識を綴るブログ Explains in detail the knowledge for the construction industry and those involved in construction

現場力を考える-⑨ 直感力と鍛錬方法

ある日、直感で良し悪しを感じた経験ありますか?

 何故かわからないけど、こちらが正しいとわかる。それが、直感です。その力を直感力とここでは定義します。直感力は、日々の経験と思考により鍛える事が出来ます。

 人は、右脳と左脳を交互に使い生活しています。左脳は、概念的な思考の役割があり言語、計算、理論などの能力を担っています。対して右脳は、イメージなどの感覚を司る役割となります。思考の基本は、左脳で考えを組み立て結論を出していきますが、これに右脳が絡んでくると直感的に過去の経験と瞬時に照らし合わせ物事の判断が出来るようになります。

強化方法としては、現場で様々な経験を積んでいく事で強化ができます。しかし、その際に物の見方を様々な視点で見たり、仕事のプロセスや必要性などを常に脳内で意識しなければ、何年経っても得る事は出来ません。脳は、課題を与えるとバックグラウンドで答えを出そうとします。つまり、問題意識が強い人はどんどん脳が強化され強くなり、大きな成果を出せる人材となれます。理想は、右脳・左脳バランスよく働いている方が理想的です。

 ちなみに、よく頭が固く応用が効かないと言われる人は右脳の働きが弱いと一般的に言われます。(右脳の創造性が発揮されてない)

対して左脳が弱いと論理的思考が弱く、人と話が合わないと言われがちです。逆に強すぎると、空気が読めなかったり、人の気持ちが分からない人になる傾向があります。(右脳は、感覚の脳なので感情を読み取る役割もある)

f:id:dokenman:20211010230225j:image

盲導犬は、訓練により危険を察知する能力を鍛えてます。