NIRAIBLOG

建築現場監督のブログ Construction site director's blog

建設に携わる人のための建築業界・知識を綴るブログ Explains in detail the knowledge for the construction industry and those involved in construction

安全を軽視すると手遅れに

手摺先行工法はまだ定着していない?

 安全第一と言われ結構な年月が経ってますが、公共工事を長らく経験した私としては、比較的小規模な民間工事の安全対策に疑問を感じます。状況から現場監督もおらず安全帯と親綱の使い方も適切でなく、落下すると確実に臓器がやられ障害が残る使い方となっており、複雑な気持ちになりました。

 

近年、最新の技術が注目されがちですが、私はもっと安全対策や工事の手順に注目すると良いと思います。なので、現場を見る際はその部分を良く、観察します。労基署にはもっと現場に入り込んで欲しいと思います。

何故なら全ては現場で起こります。つまり、机上の空論ではなく、実際に現場と現物を観察し、現実を認識した上で、施策を纏める親元の厚労省と一緒に様々な施策を打ち出して欲しいです。

f:id:dokenman:20211008232445j:image

f:id:dokenman:20211008232447j:image

主体的に問題を発見し対策を立案し、それを実行し結果を出せる人材が現代には必要とされていると思います。当たり前の事と思いますが、本当に出来ている人材はあまりいません。頭をしっかり使い考えないとこれからの時代は生き残れませんし並の人材で終わります。つまり、替えがきくと言うことです。