NIRAIBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

建築現場監督のブログ

建築情報やプライベート等自由な日記

土地の土壌汚染や埋設廃棄物について

知らなかったでは、OUT

連日テレビでも話題になっていますね。土壌汚染に関する法律は、土壌汚染対策法廃棄物処理法があります。簡単に説明すると。

土壌汚染対策法

・工事面積が3,000㎡以上の土地の形質変更をするとき

・土壌汚染による健康被害のおそれがあると知事が認めたとき

・有害物質を取り扱っていた工場を廃止するとき

上記の場合、土壌調査をする必要があります。

この法律の目的は、土壌の特定有害物質による汚染の状況の把握に関する措置及びその汚染による人の健康に係る被害の防止に関する措置を定めること等により、土壌汚染対策の実施を図り、もって国民の健康を保護することを目的とする。

でも、実は注意しないといけない事があります。土地を売却する際に土壌汚染等が発覚した場合、売り主に処理責任が発生します。瑕疵というやつです。

なので、自主的に土壌調査をすることが少なくありませんね。最近の時事でいうと豊洲移転問題ですね。

 

続いて、廃棄物処理法

廃棄物の排出を抑制し、及び廃棄物の適正な分別、保管、収集、運搬、再生、処分等の処理をし、並びに生活環境を清潔にすることにより、生活環境の保全及び公衆衛生の向上を図ることを目的とする。

土地に廃棄物が埋設されているとこの廃棄物処理法が絡んできます。こちらも土地の売却後に発覚すると売り主に責任が求められる事もあります。損害賠償請求とか・・・少しずる賢い人であれば、土地から出てきた埋設物をまずいと思って埋め戻す人もいますがこれは立派な「不法投棄」となります。最近の時事でいうと森友学園かな?

結 論

土地を売却する際は、注意が必要!!最悪の場合訴えられます・・・

関連記事


 

 

建築工事計画届(機械等設置届)

提出時期はあっという間。

現場着手前に本当は計画しておかないといけないのですが・・・なんせ人手不足で間に合わせとなっています。足場の設置届・型枠支保工設置届この二つの図面を作成しています。他の会社は、どうやっているのかな?私の場合構造計算は、フリーソフトを使用しています。

f:id:dokenman:20170428200527j:plain

仮設担当は、縁の下の力持ちですね。形に現れない仕事ですが、現場全体を把握しないといけないので、コミュニケーションが取れる人が適任かと思います。

最近、現場に出る事が多く書類が間に合っていないです。限られた時間の中で現場=書類を50:50にしたいのですが、気づけばもう5時とか良くあります。もう少し業務改善が必要かな?

f:id:dokenman:20170428201038j:plain

社内審査も1週間程度必要なので、ゴールデンウィーク前までには書類は完了させよう。

f:id:dokenman:20170428201458j:plain

新入社員も4月から入社していますが、どんな子が入社しているか楽しみですね!

 関連記事


免震下部ベースプレート充填試験

初めての会社が多い

免震工法を採用した建物が増えてきてますね。先ず第一関門が、免震下部のベースプレート充填試験ではないでしょうか?工法としては、静圧法と圧入法があります。静圧法では、流動化コンクリート。(流動化剤現場添加)圧入法では、増粘剤、紛体系、併用系の高流動コンクリートを採用するのが一般的でしょうか?

建築的には、高流動を使用する事がないので、現場技術者的に「若葉マーク」ですね・・・また、建築工事標準仕様書等にも記載がなくJASSを参考にしないといけないので書籍探しからですね。そして、熟読しないといけないです。(勉強が必要)JASS 5のほかには施工指針なるものもあるので覚える事が多いですね。

f:id:dokenman:20170427210843j:plain

さらに高流動と高強度コンクリートは、大臣認定の場合試験練りや施工試験等が必要になる事からコンクリート及び免震工事担当となった場合は本と睨めっこの日々が続きますね。結局は、充填率を満たせなくて無収縮グラウトで施工する所も多いそうです。

 関連記事