NIRAIBLOG

建築現場監督のブログ Construction site director's blog

建設に携わる人のための建築業界・知識を綴るブログ Explains in detail the knowledge for the construction industry and those involved in construction

2020年度の物価と路線価減額について

大阪の路線価はコロナの影響が大きく減へ

 総務省が今月全国消費者物価指数を発表しました、生鮮食品を除く指数は前年と比べ0.4%下落となりました。マイナスは、16年度以来4年ぶりとなります。理由は、新型コロナウイルスによるものと、原油安に伴う電気代などの、エネルギー価格の下落も大きな理由として考えられるそうです。ちなみにコロナで影響を受けているホテルの宿泊費は、全国的に16.9%の大幅下落となりました。おそろしい・・・

 

続いて、国税庁による路線価減額補正についてです。路線価は、国土交通省による公示地価を目安に設定されます。相続税の算出ロジックとなります。今回、下落幅の大きい大阪地域を対象に減額補正が入りました。場所は、大阪市内13地域で心斎橋、道頓堀などのインバウンドが大きい地域です。

尚、20年時点での地価下落は心斎橋で27%、道頓堀で28%となります。東京の新宿、中央区などで約15%程度の下落が見られましたが補正対象にはなりませんでした。

f:id:dokenman:20210424203306j:image

今週のTokyo上空

 先月のレインズレポートによると、首都圏中古マンションの不動産成約件数は前年比12.2%増で過去最高(データのある1990.5月以降)を記録しています。また、その成約平米単価は前年比を5.9%と高値となっています。新たに売り出された物件は前年比で▲22.0%で、供給在庫が少なくなっています。