NIRAIBLOG

建築現場監督のブログ

建設に携わる人のための建築業界・知識を綴るブログ

現場力を考える④−仕事が人を成長させる

理想は、会社が人材を育てる

 

 現実、上手く出来ている会社はほとんど無いかと思います。実際に複数の会社にアンケートした結果によると社内でリーダーになる人材が不足していると回答した会社が多いとの事です。育て方が確立出来ていない事の現れとも言えます。

 

そういった中で「会社に頼らず成長する為には、どうする?」

 

それは、会社に頼らず自分で意識を高く持ち自己変革をする気持ちと行動が大事です。よく、入社時に数年上の先輩がつきますが、ハッキリ言うと教える資格すらありません。しかし、教える事で学べる要素もあるので全否定はしませんが、効率は悪いかと思います。そういった会社は、組織全体で人を育てる意識が無く個人の裁量集団となり、長い年月をかけて得たスキルや苦労して見つけたノウハウを同僚に教えない人が多いです。

 

 本来、人は教える事により理解も深まり自分も磨かれます。そして、自分を追い抜くほどの人材を育てる事が結果的に自分を押し上げる事に繋がります。

海外では、30代で部長。日本は、40〜50代あたりで部長と人材を育てるスピードに違いがあります。年功序列型の会社は、部長の平均年齢を見ると分かります。日本と海外の違いは、「目的を持ち仕事を与えて仕事が人を育てる風土を作る」です。仕事の過程で失敗は当然で、その失敗を生かし成功出来た人が次のステージへ登れます。そして、成長したのかを計る目安としては、仕事への影響力。良く大きなプロジェクトを完遂させた人の影響力が高まるのは、誰でも分かるかと思いますが、他の事でも言えます。

 

一皮剥けて成長出来た人は見ると分かりやすいです。能力が上がると言うのは、他人への影響力を増す。つまり、人を巻き込んで動かしていく範囲が自ずと広がります。

 

仕事を与えて貰う為の準備。土台作りとして、部下のいないジュニア時代は、自分磨きを行い、スキルアップに努める。そして、自分がどうなりたいか明確にイメージする!

私は、新入社員時に自らのイメージを鮮明にするため名刺に今後必要な資格を手書きで数個書き、事あるごとに見返す。そして、その名刺でどんな相手とどう言った立場で名刺交換や打ち合わせをしているか、未来の自分を浮かべイメージしました。

実際、その通りになってます。

 

脳は、2つの意識があります。1つ目は、本能。好き・嫌いを瞬時に判断するもの。2つ目が理性により判断するもの。

1つ目の本能は、日々の生活であるべき軸に育てなければなりません。例えば、面倒臭いと口癖の人は、本能がチャレンジに対して消極的になり変化に対して拒絶反応を示すようになります。しかし、逆もしかりでなりたい自分の方向を刷り込み事で思考を成長させると本能的にあるべき姿に行動するようになります。なので人は、習慣の束とも言います。

 

今、考えると躾の大切さが非常に大切と感じます。スポーツにおける基本動作もです。

 

後大切なのが、生きる意味である使命感。

自分なりの使命感を持ち、それに会社の理念も加わり仕事を通じて自分がなりたい方向に努力した結果、会社の目的に貢献すると言う関係が最高です。金儲けは、ある年収水準で目的としての意義が薄まります。なので、使命感や夢が大切なのです。

  

上記のような考えがあれば、会社や上司まかせで成長と言う構図にはならないかと思います。自分で考え行動する。

 

様々な仕事には、目的がある。

 

やる前に確認をして下さい。

 

目的は、明確に。

曖昧だとやる事や、やらないで良い事かが判断出来ず結果達成出来たかも評価出来ません。

 

 

そして、様々な事に対して成功・失敗要因を見極め応用出来る様にして下さい。それが知識でありノウハウです。そして3年後の自分のために本などから情報を吸収して下さい。今の自分は、3年前の自分の行動に影響されています。

 

大切なマインドについて。

上手く行ってない事を周りのせいにしないで、状況を把握して失敗に対して責任を問わず、どうするか?未来志向を働かせて下さい。自責は成長をもたらし、他責は、不満をもたらせます。

 

 

それらが自身の強みになります。

 

 

また、会社は多様性があります。

良い上司、嫌な上司がいるかと思いますが、いつまでいません。逆に反面教師として下さい。

学べる事は、全て吸い取って下さい。

 

意識を変える事で、1%でも毎日成長する事で一見小さく見えますが、複利の効果も働き凄い短期間で成長できます。かの有名なアインシュタインは、複利が人類最大の発明と言っています。

 

本日は、以上です。多謝

f:id:dokenman:20210228094234j:image

マインドセットをし自分を信じる事が出来れば、大きな成果をあげる事が出来ます。