NIRAIBLOG

建築現場監督のブログ Construction site director's blog

建設に携わる人のための建築業界・知識を綴るブログ Explains in detail the knowledge for the construction industry and those involved in construction

設計基準強度(FC強度)と調合管理強度(Fm強度) 記事No.20

設計基準強度(FC強度)と調合管理強度(Fm強度)についてこれでバッチリです!

2020.5.18更新

コンクリート強度について実務の話し

久しぶりに、昔やったJV現場の構成員仲間から電話

「高強度コンクリートの定義について教えてください」

確か標準仕様書に書かれていたといったが、無いとの事。

(細かくいうと少し文言はある。)

探してみると! 

建築工事標準仕様書には文言が見当たらなかった。 

更に探すと JASS5鉄筋コンクリート工事にありました。

高強度コンクリート

f:id:dokenman:20160806000856j:plain 

結論、FC:設計基準強度が36N/mm2を超えるコンクリートです。

 定期的に仕様書を読まないと駄目だと痛感した今日この頃・・・

PDFして送ってあげました。ついでに強度の種類解説も添えて。

 

設計基準強度と調合管理強度

以下メール文

お疲れ様です。 昨日電話の件、資料送信します。
ご確認御願いします。

 

設計基準強度Fc=構造計算において基準としたコンクリートの圧縮強度。(構造図から)
参考に・・・
品質基準強度Fq=設計基準強度Fcと耐久設計基準強度Fdのうち大きい強度

Fd=供用期間の級

短期(30年)Fd18

標準(65年)Fd24

長期(100年)Fd30

超長期(200年)Fd36
(構造図特記に普通は記載されている)

・100年コンクリートと良く聞き凄そうであるが、実はよく使用する強度なのである。


調合管理強度Fm=品質基準強度Fq+構造体強度補正値(mSn)
※mSnの特記が無い場合予想平均気温により求める事も出来る。(普通は、標準仕様書に記載) ちなみに大抵は計算では無く簡略化された表の値を使用する。


発注する際の強度=調合管理強度以上を注文する。

JIS A 5308に規定するコンクリートを発注する場合、コンクリートの強度は呼び強度で指定する。呼び強度の強度値は、調合管理強度以上とする。

 

今週も気づけば週末・・・ 早い。

 私的にコンクリート工事担当になった際の必読本。結構中身が濃いと思う。(実務寄り)

 

コンクリート名人養成講座

日々、技術者として勉強が重要ですね。

技術は日々進化する! 

 

その他記事: 別府マンション事件

 

The following is in English

Title:Definition standard strength (FC strength) and compounding control strength (Fm strength)

 

Practical talk about concrete strength
After a long time, I called from a member of the JV site that I did a long time ago
"What is the definition of high-strength concrete?"

He siad maybe It was written in standard guidelines, but it wasn't there.
(To put it a little, there are some only words.)
I find it!

There was no wording in the standard guidelines for building work.
Looking further, It was a JASS5 reinforced concrete structure.

High strength concrete

In conclusion, FC: Concrete with design standard strength over 36N / mm2.

The day when I felt that I had to read the specifications on a regular basis. I sent him a PDF, along with my own strength type commentary.

Design standard strength and compounding control strength

The following email text
I will send you the material of the question you asked on the phone yesterday.
Please check.

Design standard strength Fc = Compressive strength of concrete used as a standard in structural calculation. (From the structural drawing)
In reference···
Quality standard strength Fq = Design standard strength Fc or Durability design standard strength Fd, whichever is greater

Fd = service period class
Short term (30 years) Fd18
Standard (65 years) Fd24
Long term (100 years) Fd30
Super long term (200 years) Fd36
(Usually described in the structural drawing)
・ Although it has a great image as 100-year-old concrete, it is actually a strength that is generally used.

Quality standard strength Fq = Design standard strength Fc or Durability design standard strength Fd, whichever is greater

Fd = service period class
Short term (30 years) Fd18
Standard (65 years) Fd24
Long term (100 years) Fd30
Super long term (200 years) Fd36
(Usually described in the structural drawing)

・ Although it has a great image as 100-year-old concrete, it is actually a strength that is generally used.

Formulation control strength Fm = Quality standard strength Fq + Structural strength correction value (mSn)
* Unless otherwise mentioned, mSn can be calculated from the expected average temperature. By the way, in most cases, simplified table values ​​are used instead of calculations.

Studying as an engineer is important every day.
Technology evolves day by day!