NIRAIBLOG

建築現場監督のブログ

職歴10年以上現役現場監督の建築やプライベート等比較的自由な雑日記(建築系ブログ)

Pコン取りは、大変だ

人手不足の影響は、深刻

 人手不足の影響を感じる事が多くなってきました。工種全般的に職人不足で現場が上手く進まないです。また、労務工も人手不足・・・

 現場を少しでも進めるためにたまに労務作業を行う事も最近はあります。今回は、型枠のPコン(Pコン)取りを行いました。これがまたコンクリートに少し埋まってたりと、取りにくいものがあったりと大変です。

f:id:dokenman:20180423195454j:plain

 作業で使用するものは、基本インパクトレンチですがV(ボルト)数が高いものを型枠大工が使用していると低い型ではなかなか、取れません。なので、現場で使用するインパクトレンチは、14.4Vより18Vがスムーズな作業となります。あとは、Pコンの先っちょが折れているものや変形している物も取外し作業においては大変です。現場監督を行う上である程度の作業を出来る技能の必要性は無いのですが個人的にはD.I.Yが好きなので、苦では無いです。また、出来る方だと自負しています。しかし、こういった作業時間を段取り、書類、図面チェックやらで有効に使用した方が現場がスムーズに動くのですが、そもそも職人がいない状態では、やるしか無いです。

f:id:dokenman:20180423200153j:plain

 ちなみに、Pコンを手で回して取る工具もあります。電動式が普及した現在では、強固に固定されていて取外しに時間が掛かります。今回は、おそらく400個以上は取ったかと思います。費用に換算すると1つ¥20円計算として¥8、000で安い。作業で得られる進捗率としては、0.00000・・・%以下ですが。(私自身の人件費を考えると赤字)なんとしてでも現場を終わらせる「なにくそ根性」で作業を行いました。穴埋めは、さすがに左官工で処理させました。かなり大きい現場となると取り忘れやらで大変ですな。

f:id:dokenman:20180423200158j:plain

作業後は、疲労が・・・・職人は出来ないな笑