NIRAIBLOG

建築現場監督のブログ

建築の事やプライベート等自由な日記

水替え

梅雨に向けて水替えの段取りです。

海に近い所でヘドロ系です。

f:id:dokenman:20170601194857j:plain

f:id:dokenman:20170601194900j:plain

あぁ、作業服が汚れる日々が続く・・・

嫌な時期です。

水替えに関連して地下水位が高い所で工事をする場合、構造物がマジで!浮き上がる事があります。自分の先輩の現場で浮き上がりました。写真みましたが水は馬鹿に出来ないですね。一応、検討方法としては簡単な計算できます。

考え方は、構造物の自重と浮力の比較です。

浮力の考え方は、構造物が浸かっている水平面積×構造物の下端から地下水位上部までの高さ×水の比重1.0t/m3

例2.0角の構造物が地下水位から1.0m潜っているとすると・・・

浮力=2.0m×2.0m×1.0m×1.0t/m3=4t

構造物の重さ=2.0m×2.0m×2.0m=8m3×2.4t/m3=19.2t

19.2>4

結果浮き上がらない。

 

こんな感じです。

 

関連記事